2021年5月末 資産運用状況

2021年5月末の資産運用状況を公開

 

資産額推移

  • 投資開始から1年9ヶ月経過。2021年5月末時点での資産総額は1400万円(前月比−462万)。先月までの7ヶ月連続がストップし、資産は大幅減少。本業の年収手取り以上に含み益が飛んでしまった。

f:id:keibashisuu:20210710213448p:plain

 

ポートフォリオ

  1. 個別株  321万円(前月比+8万)
  2. 暗号資産 971万円(前月比-473万)
  3. 米国ETF 107万円(前月比+1万)
  4. 買付余力 1万円(前月比-1万)

f:id:keibashisuu:20210710213449p:plain

  • 前提としてポートフォリオは、個別株、仮想通貨、米国ETFの3本柱。買い付け余力を30%とし、残り70%を3本柱で3分割するルールで投資を行っている。
  • 現状、仮想通貨の占める割合が7割と異常に集中してしまっているが、少ないところに買いを入れることで調整していきたい。
  • 米国ETFは5.7%(4月)→7.6%(5月)と多少改善。

 

個別株投資

  • 個別株の評価額は321万円(前月比+8万)

保有銘柄

  1. アルテリアネットワークス600株 95万円
  2. JMC 1200株                                    93万円
  3. 大泉製作所600株                              48万円
  4. 持株会              47万円
  5. KDDI 100株                                    37万円
  • 主力のアルテリアネットワークスが+34円の1586円と微増。100株利益確定した。現状値上がりには期待していないので残りも適当なタイミングで売却予定。
  • JMCは+21円の778円と微増。100株買い増しして保有数は1200株となった。
  • 大泉製作所は−54円の807円と下落。こちらも100株買い増しして保有数は600株となった。
  • 勤め先の従業員持株会は毎月上限一杯で積立している。10%の補助が貰える上に、ある株数を満たせば一部売却できるルールになっており、だいたい5ヶ月ごとに売却が可能である。10%を5ヶ月で達成ということで、年利はおよそ25%と優秀。成長性は評価しておらず、あくまで10%補助を貰うため。
  • KDDIは+411円の3717円と上昇。ここは株主優待が欲しいため100株だけ永続的に保有する。値上がりは期待していない。
  • 今月は保有株の値動きに大きな動きはなし。

www.mothersvegeta.com

www.mothersvegeta.com

 

暗号資産投資

  • 暗号資産の評価額は971万円(前月比-473万)

保有銘柄

  1. ビットコイン 87.0%
  2. イーサリアム 11.6%
  3. その他アルトコイン1.4%

 

米国ETF投資

  1. TECL214枚  107万 (前月比+1万)
  • 米国ETFはテクノロジーセクターレバレッジ3倍ETFのTECLへの集中投資。
  • 今月は-1.97ドルの45.78ドルと微減。
  • 今月は10枚だけ追加購入した。引き続き永続的に入金を続け、ポートフォリオにおけるバランスを増やしていく予定だ。

 

買付余力

  1. 買付余力 1万円(前月比-1万円)
  • 現状はほぼフルインベストメント状態。将来的には投資用資金の30%を目標とする。
  • 現状の余力0.1%は明らかに危険。このままだと急落、暴落があった時にただ見送るだけになってしまう。実際ビットコインの大幅下落に対して、何もできていない。仮に余力があれば買い増しもできるだけに、早急にポートフォリオの立て直しを図りたい。今月は入金できなかったが、来月は賞与もあるので余力に資金を割り当てたい。年内に余力200万円程度を目指す。

 

まとめ 

  • 今月はビットコインが大幅に下落した以外は、全体的に変動が小さい。
  • ビットコインの下落は大打撃で年収手取り以上の含み益を吹っ飛ばしてしまった。これはビットコインのPFに占める割合が大きすぎたのが原因だ。とは言え、ビットコインに入金を集中させたわけではなく、勝手に暴騰して勝手に暴落しただけである。暴騰でPFに占める割合が多くなっても、売りでのPF調整はしないので、こんかいの暴落で打撃を受けたのは仕方ない。仮に売りで調整していると大いなる上昇を取り逃がすことになることがあり、こっちの方をリスクと捉えている。理想はビットコインが暴騰している間に、他のアセットに入金を集中させて、新規買いでバランスを取ることだが、ボラティリティが大きく、その調整が追いついていないだけ。さて、今回は勝手に暴騰して(行ってらっしゃい)、勝手に戻ってきた(お帰りなさい)という感じだし、含み益が減っただけで含み損を抱えたわけではないので、そこまで心理的にはダメージが大きく無い。むしろ、PFのバランス化が測れた点をプラスに捉える。単一アセットが暴騰して、PFバランスが悪化した状態で目標金額達成してもそれは崩壊しやすいからね。
  • とは言え、余力1万円は少なすぎで、早く余力に資金を積みたい。
  • 目標は20代(2024年に30歳を迎えるので2024年まで)で5000万達成。年利40%、月の投入額が24〜29万円程度で計画している。現状は計画に対して先行できているのでこのまま継続したい。
  • 短期目標としてはまずは資産2500万円を2021年内に達成する。年間100万円で生活可能として4%ルールで最低限FIRE達成である。すぐにFIREするわけでないが、いつでも仕事を辞められる状態になれば、人生の選択肢の幅が広がるので大きな一つのマイルストーンだ。

f:id:keibashisuu:20210710213452p:plain